和室名人戦のページ



和室例会の紹介

 主に、3ヶ月で一期の「和室名人戦」を行っています。 和室名人戦以外にも、棋譜当てやリレー将棋などその都度いろいろやってます。
 ※2012年5月から、奇数月の最初の金曜日だけは、 例会場所を蒲田道場にして活動してます。

和室名人戦結果

期間総対
局数
和室名人殊勲 技能敢闘備考
和室名人成績殊勲成績技能成績敢闘成績
85期2017年10月~104 森島14勝6敗竹村32点ゲット 滝瀬+64平井21局
84期2017年7月~105 滝瀬17勝7敗青山56点ゲット 川上+57高橋俊26局
83期2017年4月~94 滝瀬16勝8敗青山28点ゲット 平井+99高橋俊24局
82期2017年1月~80 滝瀬15勝7敗竹村42点ゲット 笛木+104望月21局
81期2016年10月~80 滝瀬14勝4敗小澤22点ゲット 高橋俊+47平井18局滝瀬100勝達成
高橋俊100勝達成
80期2016年7月~78 滝瀬12勝7敗武内29点ゲット 高橋一+108平井19局
79期2016年4月~80 滝瀬19勝7敗望月81点ゲット 高橋俊+102小澤11局
78期2016年1月~87 滝瀬13勝5敗竹村40点ゲット 池島+138高橋俊18局
77期2015年10月~93 滝瀬14勝2敗石田19点ゲット 三浦+87高橋俊27局三浦100勝達成
76期2015年7月~91 広瀬正13勝4敗28点ゲット 高橋俊+132林吾15局 
75期2015年4月~72 広瀬正11勝2敗林吾26点ゲット 植木麻+111岡本12局 
74期2015年1月~87 広瀬正13勝1敗なし- 林吾+69望月14局 
73期2014年10月~101 岡本17勝3敗望月27点ゲット 滝瀬+94林吾22局 
72期2014年7月~107 志田15勝2敗望月29点ゲット 中谷+56林吾25局林吾100勝達成
71期2014年4月~93 岡本17勝5敗滝瀬22点ゲット 高橋俊+48望月15局岡本100勝達成
70期2014年1月~58 岡本12勝3敗滝瀬25点ゲット 望月+131林吾16局 
69期2013年10月~71 水鳥13勝9敗岡本36点ゲット 望月+97林吾22局広瀬正300勝達成
68期2013年 7月~84 太田15勝4敗榎本24点ゲット 中谷+134望月22局 
67期2013年 4月~48 岡本9勝7敗水鳥40点ゲット 北上+38志田9局 
66期2013年 1月~86 広瀬正14勝1敗鵜木5点ゲット 久保田+43水鳥22局志田500勝達成
65期2012年10月~64 水鳥13勝10敗岡本45点ゲット 田辺+48林吾23局水鳥100勝達成
64期2012年 7月~64 水鳥13勝9敗志田20点ゲット 林吾+29望月17局 
63期2012年 4月~73 岡本12勝6敗三浦21点ゲット 広瀬正+81林吾22局通算3000局到達
62期2012年 1月~46 水鳥11勝6敗田辺22点ゲット 志田+66林吾19局 
61期2011年10月~42 水鳥9勝8敗三浦52点ゲット 井村+144林吾12局 
60期2011年 7月~62 水鳥13勝11敗広瀬正42点ゲット 町田+32林吾16局 
59期2011年 4月~70 水鳥15勝8敗中谷20点ゲット 大場+33林吾19局 
58期2011年 1月~49 水鳥8勝6敗池田34点ゲット 井上+39林吾15局 
57期2010年10月~65 広瀬正19勝2敗三浦31点ゲット 広瀬俊+46林吾19局広瀬正200勝達成
56期2010年 7月~35 広瀬正10勝2敗林吾27点ゲット 田辺+49三浦16局 
55期2010年 4月~35 志田6勝1敗星宮6点ゲット 久保田+28田辺11局 
54期2010年 1月~36 杉山6勝7敗林吾31点ゲット 星宮+21田辺11局 
53期2009年10月~44 杉山9勝5敗志田32点ゲット 田辺+18林吾20局志田400勝達成
52期2009年 7月~52 杉山10勝6敗志田36点ゲット 林吾+26田辺11局 
51期2009年 4月~55 志田9勝4敗広瀬正26点ゲット 林吾+34杉山13局 
50期2009年 1月~35 杉山8勝4敗志田26点ゲット 林吾+23田辺8局杉山100勝達成
49期2008年10月~42 志田10勝2敗杉山38点ゲット 田辺+53久保田11局島100勝達成
48期2008年 7月~60 杉山9勝6敗池田18点ゲット 田辺+83榎本15局 
47期2008年 4月~38 杉山9勝2敗志田11点ゲット 広瀬俊+39中谷12局 
46期2008年 1月~50 杉山10勝2敗実藤44点ゲット 黒木+35榎本15局 
45期2007年10月~36 志田11勝0敗なし- 榎本+44杉山14局 
44期2007年 7月~49 中谷8勝4敗大屋15点ゲット 出澤+16榎本20局中谷100勝達成
43期2007年 4月~33 杉山6勝3敗志田8点ゲット 太田+71榎本8局 
42期2007年 1月~45 広瀬正10勝0敗なし- 黒木+54杉山16局 
41期2006年10月~15 杉山8勝1敗中谷22点ゲット なし-なし- 
40期2006年 7月~30 志田7勝3敗中谷60点ゲット 実藤+59杉山10局志田300勝達成
39期2006年 4月~31 杉山9勝8敗大屋36点ゲット +15広瀬正7局 
38期2006年 1月~26 志田9勝1敗中谷28点ゲット 林吾+30杉山11局 
37期2005年10月~29 志田8勝1敗広瀬正14点ゲット 黒木+16杉山9局 
36期2005年 7月~16 志田7勝1敗実藤26点ゲット 中谷-27林吾4局 
35期2005年 4月~22 広瀬正6勝0敗なし- 中谷+72林吾4局 
34期2005年 1月~44 広瀬正10勝5敗志田36点ゲット 黒木-1実藤11局 
33期2004年10月~34 志田7勝2敗大屋26点ゲット 小橋+31中谷9局広瀬正100勝達成
32期2004年7月~23 9勝1敗志田点ゲット 小野沢+18中谷8局 
31期2004年4月~37 10勝2敗林吾31点ゲット 黒木+56中谷15局黒木100勝達成
30期2004年1月~24 志田8勝1敗広瀬正?点ゲット 黒木+7中谷8局大屋100勝達成
29期2003年10月~26 中谷6勝2敗小野沢24点ゲット 林(吾)+18大屋6局 
28期2003年7月~47 中谷11勝4敗吉田15点ゲット 大屋+85林吾12局 
27期2003年4月~37 志田9勝0敗なし- 黒木+39中谷12局 
26期2003年1月~32 中谷7勝7敗村田32点ゲット 新本+55林吾8局 
25期2002年10月~56 村田9勝9敗小野沢25点ゲット 志田+41林吾11局村田100勝達成
志田200勝達成
小橋100勝達成
24期2002年7月~69 志田11勝1敗点ゲット 林(吾)+59村田18局 
23期2002年4月~67 黒木12勝9敗中谷40点ゲット 広瀬俊+50村田20局 
22期2002年1月~56 村田11勝6敗1分種田点ゲット 広瀬正+志田14局15分切れ30秒導入
21期2001年10月~54 志田9勝3敗黒木26点ゲット 大西+74村田16局 
20期2001年7月~58 志田11勝4敗村田26点ゲット 中谷+39大西16局 
19期2001年4月~77 大西11勝10敗種田点ゲット 黒木+村田19局 
18期2001年1月~53 大西12勝6敗種田40点ゲット 黒木+78村田18局 
17期2000年10月~62 志田15勝0敗なし- 村田+70大西19局 
16期2000年7月~89 小橋13勝6敗中筋32点ゲット 村田+86黒木20局大西100勝達成
15期2000年4月~72 大西13勝7敗大屋点ゲット 小橋+黒木19局 
14期2000年1月~60 志田11勝3敗広瀬俊点ゲット 吉田+大西17局志田100勝達成
13期1999年10月~54 大西10勝8敗鈴木新20点ゲット 広瀬俊+49大屋15局 
12期1999年7月~66 甲木9勝3敗小橋22点ゲット 中筋+81広瀬俊19局甲木100勝達成
三賞導入
11期1999年4月~62 志田12勝0敗-  - -  
10期1999年1月~86 志田13勝2敗-  - -  
9期1998年10月~66 鈴木(新)13勝5敗-  - -  
8期1998年7月~65 広瀬正11勝0敗-  - -  
7期1998年4月~58 甲木12勝2敗-  - -  
6期1998年1月~69 甲木14勝1敗-  - -  
5期1997年10月~53 甲木9勝0敗-  - -  
4期1997年7月~20 甲木7勝1敗-  - -  
3期1997年4月~39 甲木8勝2敗-  - -  
2期1997年1月~35 甲木8勝3敗-  - -  
1期1996年10月~30 鈴木(新)6勝3敗-  - -  

おまけ:記録室

記録成績棋士名
一期最多対局数27局高橋俊77期
一期最多勝利数19勝広瀬正、滝瀬57期、79期
最多連勝42連勝20~31期
レーティング瞬間最大風速254047期

和室名人戦規定

1 章  総則
   1. 開催日時および場所
    1) 日時 : 通常勤務金曜日 午後6:00~9:00 
    2) 場所 : 富士通川崎工場体育館2F和室
   2. 参加資格
    1) 原則として富士通および関係会社勤務経験者 
    2) ただし、上記以外でも富士通将棋部役職者の同意があれば参加可能
   3. 参加費用
    1) 金額 : 必要経費は将棋部部費より充当するので、和室としての会費は特に徴収しない。
   4. 例会試合規定
   4.1 公式戦規定 
    1) 例会参加者の過半数以上の賛成により、公式に認定された棋戦を
       公式戦と呼ぶ 
    2) 現時点での公式戦は和室名人戦のみだが、必要に応じて、随時、
       新棋戦を設立することができる   
    3) 棋戦の詳細な規定は棋戦毎に別途定める
   4.2 非公式戦規定
    1) 公式戦以外の対局を総称して非公式戦と呼ぶ
    2) 非公式戦の規定は特に設けず、対局者同志の合意にまかせる
   5.対外試合規定
    1)富士通将棋部として、団体または個人で参加する将棋大会を
       対外試合と呼ぶ。
    2) 対外試合に関する詳細な規定は別途定める。
   6.アマ連レーティング対局
    1) 例会での和室名人戦において、アマ連会員同士の対局(平手に限る)はアマ連レーティング対象局とする。
       (練習対局は対局前にお互いが同意した場合のみ対象とする)
    2) アマ連への申請は月単位にまとめてアマ連へ申請する。
             注)アマ連とは日本アマチュア将棋連盟のこと

 2 章  和室名人戦規定 

    1. 開催回数 
    1)一期3ケ月で年4回開催(1~3月、4~6月、7~9月、10~12月)
   2. 参加資格   
    1) 1章2条に同じ      
    2) 期途中からの新規参加も可能
   3. 試合形式
1) 参加者全員による総当たり変則リーグ戦
    2) 同一者との対戦は4局/期まで可能とする。
   4. 対局規定
    1) 手合いは、レーティング差による選択制とし、
      選択権は、レーティングの低い方に与える
        レーティング差  選択可能手合い
              0点~299点   平手
          300点~399点  平手or角落ち
          400点~499点  平手or角落ちor飛車落ち
          500点~600点   平手or角落ちor飛車落ちor飛車・角落ち
            600点以上      平手or角落ちor飛車落ちor飛車・角落ちor四枚落ちor六枚落ち
     ただし、レーティング差が、299点以下でも実力差がはっきりして
         いる場合は、対局者同士が了承した場合に限り角落ちを認める
      2) 持ち時間各15分以上、切れたら一手30秒以上の秒読み。
      3) 平手の場合、先後は振り駒で決める。
      4) すべてレーティングの対象とする 
       駒落ち戦の場合のレーティング計算値の補正値は下記とする。
        角落ち    300点
        飛車落ち   400点
        飛車・角落ち 500点
             四枚落ち      600点
             六枚落ち      800点
     5) 新規参加者のレーティングは目安として入部時の申告段級により下記とする
       ただし、大会等で優秀な実績を持つものは別途適宜定める
         4段以上   2000点
        2~3段   1800点
          1級~初段  1600点
         2~3級   1400点
           4~5級   1200点 
    6)千日手の対応
        平手対局の場合は、対局数のみカウントをして、同一の人との対戦
     は、千日手局も含めて4局までとする。
     (勝敗表は、△勝□敗☆千日手と明記する。)
     駒落ちの場合は、下手側が手を替え千日手を打開する。打開出来な
     い場合は、下手側の負けとする。
      7)持将棋の対応
     平手の場合、持将棋が成立した時点で、大駒-5点・小駒-1点
     で点数の多い方の勝ちとする。同点の場合は、先手の負けとする。(27点法)
     駒落ちの場合は、持将棋が成立した時点で下手側の負けとする。
      8) その他は日本将棋連盟の規定に準拠

   5. 優勝者(名人)および順位の決め方 
   1) 勝ち星の多い順に順位を付ける
   2) 勝ち星が同数の場合は、対局数の多い方を上位とする
   3) 勝ち星・対局数とも同じ場合は前期上位者を優先とする
    4) 順位1位者を優勝者(第X期名人)とする
   6. 殊勲・技能・敢闘賞
    1) 殊勲賞
    条件:当期名人(優勝者)から奪ったレーティング点数の多い人
       同点の場合は、開始前のレーティング下位者から優先
      (開始前のレーティング点数が同じ場合は複数人受賞とする。また
       新入会員の初期点は既会員の開始前レーティング点数と同様の扱
       いとする。)
    2) 技能賞
       条件:前期より和室レーティングが最も上がった人。マイナスの場合は対象外。
       同一up点数なら、順位下位者から優先。
       ただし、当期3局以上、社内R対象対局を通算15局以上対局していること。
   3) 敢闘賞
       条件:最多対局者。同一対局数の場合は順位下位者から優先
    4)その他
     ・当期名人(優勝者)は対象外
     ・当期名人が全勝優勝した場合は殊勲賞は無しとする
     ・各賞のダブル受賞・トリプル受賞は無し
     ・優先順位は、殊勲賞-技能賞-敢闘賞 の順となる
     ・順位は当期終了時の順位を使用する
     ・各賞の受賞資格は富士通将棋部員 (すなわち、部費を払っている人---諸般の事情で部費免除の人も含む)
   7. 賞品
    1) 優勝(名人)   :1000円分の図書券
   2) 殊勲・技能・敢闘賞: 500円 の図書券
を基本とする。

和室使用について

(参加前) (体育館にて)
Topへ /和室例会の紹介 /和室名人戦結果 /和室名人戦規定 /和室使用について inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system